スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

第60回会合報告

[日時]1月14日(日)  [場所]博多市民センター
[参加者]石川和彦、太田慎一、倉掛又一、小池正浩、古森学、
  酒井博久、坂田慎吾、千々岩倫太郎、八尋久晴、吉松智明(10名)
 ☆詰パラに会合案内の原稿を送ったつもりが、そうでなかったようで慌てました。
  しかし、HP等には掲載されていたせいか、大きな混乱はなく、ほっとしました。
  さて、今回は創棋会の吉松さんが初参加。前回に引き続き参加の小池さん
  ともども、遠方よりお疲れ様でした。石川さんは体調不良もあって、遅れての参加。
  そう言えば、毎年この時期に石川さんがされていた、詰将棋解答選手権の打ち合
  わせもしなければならないこともウッカリしていました。幸い倉掛さんからフォロー
  していただき、事なきを得ましたが……。新年早々、反省しきりです。
  八尋さんから訃報告知。宮崎県(日向市)の佐々木寛次郎さんが昨年お亡くなりに
  なっていました。享年84とのことです。
  近年は、フェアリーでのご活躍が目立ち、新年1月号のフェアリーランドにも作品が
  掲載されていました。ご冥福をお祈りします。
[課題作]
 ☆「素数にまつわる詰将棋」としたのですが、広瀬稔さんがご欠席で残念でした。
  解釈が詰手数や駒数に集中することが予想できたので、P→Nの立体曲詰を用意し
  て行ったのですが、詰上りがHにしか見えないと言われ、あえなく却下。
  それでも詰手数等以外が狙いの作品も何とか揃い、とりあえず安心しました。
[2次会]
 ☆古森さんを除く9名が出席。遠来の吉松・小池両氏も参加。
  いつもの居酒屋が日祝定休になっていて、新規店開拓の必要性を感じました。
  前回のようなオーダー遅れはなかったのですが……。
  この場で、次回の会合日と作品課題を決めました。特に目立った話題はなかった
  のですが、吉松さんが九Gは真面目と言われたのは印象的でした。
  黙々と課題作を解いていた様子から、そう思われたようです。
[次回会合]
 ☆8月19日(日)13:00~17:00(場所は博多市民センターを予定)。
  作品課題は「合駒を動かす」です。

#佐々木寛次郎さんのご命日は、7月30日です。追記しておきます。(酒井)
スポンサーサイト
line

詰パラ新年号

九州G作品展結果稿の堀切氏作の解説(86ページ下)で、「4手目」とあるのは「6手目」の誤りです。前の「2・6手目」の所はきちんと訂正されているのですが……。
訂正依頼の際、(2か所)と注記しておくべきだったかと、反省しています。
堀切氏にはお詫び申し上げます。

あと、九州Gの会合案内が掲載されていませんね(12月号にも)。
これは私のポカで、原稿を送った「つもり」で実際には送っていませんでした。

1月14日(日)13時~、博多市民センター4階第3会議室にて。
作品課題は「素数にまつわる詰将棋」です。
line

第60回会合

#予定通り、1月14日で予約できました。 (酒井)

[日時]1月14日(日)13時~
[場所]博多市民センター
4F 第3会議室(092-472-5991)
  福岡市博多区山王1-13-10
[集合]当日12時30分、JR博
多駅筑紫口
[課題]素数にまつわる詰将棋
詰手数など表面的な解釈で
も、数学的な解釈(?)でも
可です。 
[会費]5百円(高校生以下無
料)
[連絡先]酒井まで
080-5217-4846
sakai8kyuu@hotmail.com
line

次回会合課題

初参加の広瀬稔さんに決めてもらおうと保留していたのですが、稔さんの専攻にちな
んで「素数にまつわる詰将棋」とします。
稔さんからは「ちょっと無茶では?」と言われたのですが…。確かに数学的にとらえる
と途方もない気がしますが、詰手数や玉位置、使用駒数など、表面的な解釈も可能で
すし、大丈夫でしょう。ただし、あまり長いのは困りますが。
もちろんまともに「数学的に」解釈していただいても結構です(どんな解釈?)。
ちょっと気になるのは、次回会合は60回で素数ではない点です。60の前後ならふさわ
しかったのかも知れませんが、それもまた良しということで…。
line

第59回九州G会合報告

※次回の作品課題が未定なのですが、とりあえず報告まで(酒井)

[日時]8月20日(日)
[場所]博多市民センター
[参加者]石川和彦、太田慎一、倉掛又一、小池正浩、古森学、
   酒井博久、坂田慎吾、千々岩倫太郎、広瀬稔、堀切良太、八尋久晴(11名)
 ☆ダブルひろせ参加かとの事前情報を得ていたのですが、
  難しい字のほうの方(崇幹さん)は不参加でした。次回以降の参加に期待します。
  初参加は広瀬稔・小池正浩のご両名。小池さんは遠路横浜市からの参加でした。
  内容は、課題作の検討を中心にいつも通り淡々と。
[課題作(スイッチバック)]
 ☆とりあえず4作集まったので、そのまま決定。稔さんからも出品がありました。
  乞う、ご期待。
[2次会(居酒屋)]
 ☆小池さんを除く10名が出席。いつものSきが休みで、U民に入ったのが失敗でし
た。
  とにかく料理が来るのが異常に遅い。古森さんは料理が来る前にバスの時間とな
  り、早退されました。
  千々岩さんから時代格差の話を伺い、納得するところがありました。
  簡単に言うと、今の若い人は質の高い先行作を見ているので、初めからレベルが
  高いということです。この説にはうなずかざるを得ませんでした。
  居酒屋で不完全燃焼だったせいか、坂田さんの呼びかけで若手メンバーは3次会
  に行かれた模様。
[次回会合]
 ☆来年1月14日(日)13:00~17:00(場所は博多市民センターを予定)。
  作品課題は「???」です。
 
line
line

FC2Ad

まとめ

line
プロフィール

kyusyug

Author:kyusyug
FC2ブログへようこそ!

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。