FC2ブログ

RINTARO詰将棋4


スポンサーサイト



line

第36回詰将棋全国大会案内

[日時] 2020(令和2)年9月21日(月・祝)
 前日20日は日曜、翌日22日は祝日で、3連休(19日土曜も含めると4連休)
 となります。交通機関・宿泊のご予約は、お早めにお願いします。
[会場] 福岡リーセントホテル
 〒812-0053 福岡県福岡市東区箱崎2丁目52番1号
 TEL:0120-80-7741 (代)092-641-7741
 FAX:092-641-5851
 URL:https://www.recent-hotel.com/
 大会は、同ホテル2F舞鶴の間で行い、懇親会も大会会場の隣室で行います。
[アクセス] 地図→https://www.recent-hotel.com/access/
 福岡市内での移動は、市営地下鉄が最も便利です(ただし、乗り換えにご注意)。
 他に西鉄バスも利用できます。→https://jik.nishitetsu.jp/
 会場の最寄りバス停は、「箱崎浜」(東区役所前)です。
 JRもありますが、箱崎駅は会場からやや離れています。
■電車でお越しの方
【福岡市営地下鉄】https://subway.city.fukuoka.lg.jp/
 博多駅より地下鉄空港線「姪浜(めいのはま)行」に乗車し、中洲川端駅にて下車。
 地下鉄箱崎線「貝塚(かいづか)行」に乗り換え、箱崎宮前(はこざきみやまえ)駅にて
 下車(約12分)。 3番出口より徒歩約4分。
【JR九州】https://www.jrkyushu.co.jp/railway/
  鹿児島本線「箱崎駅」にて下車(博多駅から約5分)。会場まで徒歩約15分。 
■飛行機でお越しの方
 福岡空港より地下鉄空港線「姪浜行」に乗車し、中洲川端駅にて下車。
 地下鉄箱崎線「貝塚行き」に乗り換え、箱崎宮前駅にて下車(約17分)。
  3番出口より徒歩約4分。
 ■お車でお越しの方
 九州自動車道「福岡IC」から、国道201号線を国道3号線方面へ約15分。
 国道3号線を博多方面へ約5分。東保険所入口交差点側。
[スケジュール] 参考までに前回の大阪大会のものを書いておきます。
変更があるかも知れませんので、ご注意を。
 11時開場、大会→12時~17時、懇親会→17時30分~19時30分
[参加費] 参考までに前回の大阪大会のものを書いておきます。
変更があるかも知れませんので、ご注意を。 
     大会:一般 1500円  女性・高校生以下 500円
     懇親会:一般5500円  女性・高校生以下3000円
[大会概容]
 ・看寿賞、七條賞、門脇賞の表彰
 ・アマレン杯握り詰紹介、アトラクション(クイズなど)、記念写真撮影、
  書籍販売など。
 ※スケジュールや詳細は、情報が入り次第追加していきます。
[宿泊] 参考サイト→https://www.jalan.net/400000/CTY_020000000001678/
 リーセントホテルにもご宿泊は可能ですが、当日は満室が予想されます。
 会場のある「箱崎」は、かつて九州大学の箱崎キャンパスがあった所です。
 近くには由緒ある筥崎宮(はこざきぐう)があります。
 福岡市の中心地は「天神」で、商業・文化施設が密集しています。
 天神の次に賑やかなのが「博多駅」周辺で、近くに「中洲」という有名な
 歓楽街もあります。
 博多駅・中洲・天神周辺の宿泊施設が予約困難な場合は、箱崎・吉塚周辺
 の宿泊施設をご検討ください(上記の参考サイトをご参照ください)。 
[備考]
 大会・懇親会の参加につきましては、ご予約は不要です。
 会場での書籍販売をご希望の方は、事前に酒井sakai8kyuu@hotmail.com
 までご連絡いただけると幸いです。
 販売書籍を送付希望の方は、会場住所に「第36回詰将棋全国大会用」の旨
 を付記して、前日までに到着するようお送りください。
【販売・配布予定の書籍等】お申し出があった分を書いていきます。
☆『九州G作品集』
☆『青い鳥』・『青い鳥2020』
☆『詰将棋ファン第3号』
☆「伝承」(フェアリー詰将棋ガイド抜粋)
line

RINTARO詰将棋3


line

第64回会合報告

[日時・場所]1月11日(土)@博多市民センター
[参加者]石川和彦、太田慎一、大西智之、倉掛又一、小林尚樹、酒井博久、
  坂田慎吾、田川雄大、千々岩倫太郎、広瀬稔、八尋久晴、吉松智明
☆横浜市の大西さん、芦屋市の吉松さん、倉敷市の小林さんが遠来。小林さん
  と佐世保市の田川さんが初参加。合計12名の参加でした。
☆今回も議題が豊富。4月の解答選手権、また、9月の全国大会、さらに「九G
  作品集」について話し合いました。特に作品集に関しては、編集担当の小林
  さんを交え、調整を行いました。
[課題作]
☆「大駒の合駒」という課題に、5氏から1作ずつ、計5作品が提出されました。
  今回は、各作者から(欠席者については酒井から)作意や狙いを発表しても
  らいました。どの1作を削るかが悩ましかったのですが、吉松さんが自主的
  に降りてくださり、何とか決めることができました。
[2次会]
☆12名全員が参加。場所はSきで、品質や値段を考慮すると、やはりここが良さ
  そうです。恒例の新年の抱負発表もなく、割と好き勝手にしゃべっていた印象。
  まあ、2次会は本来そんなものでしょうね。2時間半くらいでお開き。何人かは
  その後、博多駅のラーメン屋に行かれた模様。
[次回会合]
 ☆8月22日(土)13:00~17:00(場所は博多市民センターを予定)。
  作品課題は、石川さんの提案により「銀冠」です。具体的には、23銀・32金の
  配置を含む作品(左右反転可、玉位置不問)とのこと。
    
line

RINTARO詰将棋2


「詰パラ」令和元年12月号短編コンクール改良。
原図は22馬11金がダサすぎる。
平行移動できることに早く気付くべきだった。

line
line

line
プロフィール

kyusyug

Author:kyusyug
FC2ブログへようこそ!

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line