FC2ブログ

第65回九州G(案内)

■第65回九州G(案内)
[日時]8月22日(土)13時~
[場所]博多市民センター 4F 第3会議室(092-472-5991)
  福岡市博多区山王1-13-10
※コロナ規制により、入場数が定員の半分以下に制限され
ています。定員16名の会場しか押さえられなかったので、
入場数は8名。状況次第では規制が緩和されるとのことで
すが、このままでは全員が入場できない可能性が高いので、
場所を変更するかも知れません。変更したら、その時点で
また連絡いたします。なお、ご参加の方はマスク着用をお
願いします。
[集合]当日12時30分、JR博多駅筑紫口
[課題]銀冠=23銀・32金の配置を含む作品(左右反転可、
 玉位置不問)
[会費]5百円(高校生以下無料)
[連絡先]酒井まで
080-5217-4846
スポンサーサイト



line

第64回会合報告

[日時・場所]1月11日(土)@博多市民センター
[参加者]石川和彦、太田慎一、大西智之、倉掛又一、小林尚樹、酒井博久、
  坂田慎吾、田川雄大、千々岩倫太郎、広瀬稔、八尋久晴、吉松智明
☆横浜市の大西さん、芦屋市の吉松さん、倉敷市の小林さんが遠来。小林さん
  と佐世保市の田川さんが初参加。合計12名の参加でした。
☆今回も議題が豊富。4月の解答選手権、また、9月の全国大会、さらに「九G
  作品集」について話し合いました。特に作品集に関しては、編集担当の小林
  さんを交え、調整を行いました。
[課題作]
☆「大駒の合駒」という課題に、5氏から1作ずつ、計5作品が提出されました。
  今回は、各作者から(欠席者については酒井から)作意や狙いを発表しても
  らいました。どの1作を削るかが悩ましかったのですが、吉松さんが自主的
  に降りてくださり、何とか決めることができました。
[2次会]
☆12名全員が参加。場所はSきで、品質や値段を考慮すると、やはりここが良さ
  そうです。恒例の新年の抱負発表もなく、割と好き勝手にしゃべっていた印象。
  まあ、2次会は本来そんなものでしょうね。2時間半くらいでお開き。何人かは
  その後、博多駅のラーメン屋に行かれた模様。
[次回会合]
 ☆8月22日(土)13:00~17:00(場所は博多市民センターを予定)。
  作品課題は、石川さんの提案により「銀冠」です。具体的には、23銀・32金の
  配置を含む作品(左右反転可、玉位置不問)とのこと。
    
line

会合報告

1月11日(土)博多市民センターにて、九州G会合が開催された。
詳細は、酒井さんがあげてくれると思いますので、私自身の報告をします。
いつものように11時に佐賀を車で出発。予定では12時30分過ぎには到着する。
しかし、3連休の初日ということもあり、若干混んでおり、到着が13時過ぎ。
近くの駐車場が全て満車で、駐車場探し等で会場到着が13時10分くらいでした。
すでに10人くらいの方がいらっしゃっており、遠来の吉松さん、小林さん、大西さんの姿もあった。
初参加の田川さんは、作品も提出され、4月から福岡の大学に進学されるとのことで、
今後に非常に期待を持たせるものであった。
しばし歓談の後、4月11日(土)の解答選手権の打ち合わせが行われた。
その後、九州G作品集の打ち合わせが行われた。
まずは見積もりを出すために、ページ数が知りたいとのことで、
未提出の方は1月中に原稿提出(最低でも掲載作品10作を提出)することとなった。
そして、4月に再度、打合せで集まろうということになった。
そして、詰将棋全国大会へと話題は移り、日程、会場等の報告、スケジュールや分担等について
話し合われた。徐々に決まりつつあるので、当ブログにて随時報告していくことになると思います。
16時くらいに話し合いは終わり、作品展の選題。5作から4作を選ぶということで、どの作品に泣いてもらうかという形。
作者に手順等を解説していただき、話し合ったが、なかなか決まらない。
吉松さんより、九州の方優先で、私が下りますという発言があり、決まった。
17時に退出して、全員で「しょうき」に向かった。
19時30分、「しょうき」を出て、博多駅に向かい、「だるま」でラーメン。
20時20分解散。
楽しかったです。やっぱ、私は詰将棋が好きなんだなぁ。
(RINTARO)
line

第64回九州G会合

部屋を予約してきました。
前回と同じく、博多市民センター5階・実習室です。
日時・作品課題は、前回会合で決めた通り。
新年1月11日(土)13時~17時、「大駒の合駒」です。
回数が多い物が望ましいです(ただし、手数が長すぎるのは敬遠)。

line

九州G及び小池氏を囲む会

8月25日(日)13時より、博多市民センター5階実習室にて、九州G会合が開催された。
当日は、和多屋将棋大会と被っていたので残念だったが、迷わず九州Gを優先した。
11時過ぎに家を出たので、到着が13時過ぎになってしまった。
西田氏の書籍を大量に持参したため、荷物が重く、会場そばの駐車場に止めた。
ここは終日とめても700円であった。この料金を覚えておいてください(笑)
会場に着くと、数名の方がいらっしゃっており、関西から吉松さんの姿も確認できた。
早速、課題作を掲出し、吉松さんに挨拶した。
『詰将棋ファン』を持参されていたので、購入した。
資料が机の上に並べられており、1枚ずつ受領した。
解答選手権の総括と詰将棋全国大会の資料であった。
創棋会ネット作品展の問題一覧もあったので、一部いただいた。
スラスラ解けるのって、①だけなのでは(笑)
その後、堀切君が盤の前で真剣だったので、見ると八尋氏の作品を改作してるとのこと。
結果的に完成したようなので、良かったです。
15時になったので、解答選手権の総括と詰将棋全国大会の話し合いをした。
解答選手権はスタッフが慣れてきたのもあって、比較的スムーズに問題なく終わったので、
運営上は特段反省点は見られなかった。
問題の難化及び時間短縮による全解者の減少は課題として、
時間短縮による初級戦と一般戦の間の時間の使い方については要検討となった。
その後、メインテーマの来年の全国大会について話し合われた。
今年の全国大会資料を参考にスケジュールおよびスタッフの確認がされた。
アトラクションについて、時間が割かれ、様々な意見が出された。
日程について議論され、決定したので、予約が取れ次第、当ブログにて公表することとした。
握り詰についても意見が出された。
次回会合で、具体的に決定していくこととした。
九州G作品集についても原稿募集の催促があった。
当日持参された永安氏の原稿は、とてもよくできており、ひな形として利用したいくらいであった。
これから、徐々に集まっていくものと思われるが、私も早く提出したいと思っている。
西田氏の蔵書についての話し合いの時間が取れず、次回回しとなった。
17時になり、2次会に移動。日曜日なので「しょうき」は休み。さて困った。
石川氏の提案により、博多駅近くの居酒屋に行くことになった。
吉松氏と同じテーブルになり、いろいろ話をした。
19時過ぎにお開きとなり、その後、堀切君、広瀬さん、永安さんと博多駅の「だるま」でラーメンを食べた。
20時過ぎに解散。

8月31日(土)小池氏を囲む会が開催された。18時30分天神ソラリアステージ大型ビジョン前集合。
家を出たのが16時40分。ギリギリであった。運転中、第一の悲劇が。
携帯がない・・・。これにより、遅れることが許されなくなってしまった。
遅れると、連絡を取ることもできないため、先に行かれてしまう。
そうなると、行き先も分からないため、泣く泣く佐賀まで帰ることになり、
何をしに天神まで来たのかという話になる。往復4時間の時間の無駄である。
そして、第2の悲劇が・・・。お金がない・・・。急遽、コンビニで下ろさねばならず、さらなる時間の浪費である。
行く先が天神ということもあり、三瀬越えを利用することに迷いはなかった。
3号線を利用するより早いはず。鳥栖迄の34号線が時間がかかるのだ。
予想通り、スムーズに進み、有料道路を経由して、福岡県内へ。那珂川から大橋、天神へ。一直線である。
天神近くで18時30分に近付いたので、安い駐車場を探す時間もなく、一番近い駐車場へ。
料金を確認したが、今日は仕方ないと急いでとめて待ち合わせ場所へ。
幸い、酒井氏、小池氏、広瀬氏の姿を確認し、ホッと一安心。
その後、天神のファミレスで談笑。21時過ぎまでいて、解散。
駐車場まで行き、料金を確認すると、1800円!30分300円でしたので、3時間分。
いつもは60分100円のところにとめているので、6倍!
それでも隣の駐車場は20分300円と40分600円だったので、一番安い(笑)
いやぁ、天神にはもう止められませんね~(笑)
余裕ないときは、高速バスで行くべきでしたね。
ここで、第3の悲劇が・・・。精算機が1000円札しか使用できず、手持ちが1枚しかない・・・。
残りは、10000円札と小銭が200円ほど。
ああ、ファミレスで1万円から精算するんだった・・・。
そこに女神が現れた。
「払いますよ」
酒井氏であった。次々と渡される100円玉に感謝しつつ、無事に精算を済ませることができた。
小池氏をホテルまで送り、何とか佐賀まで帰ることができた。
いろいろと勉強になった1日であった。

※メモ 酒井氏に800円借り。
    吉松氏に全国大会のSNS等での情報発信行為が禁止された理由を聞く。
line
line

line
プロフィール

kyusyug

Author:kyusyug
FC2ブログへようこそ!

line
最近の記事
line
最近のコメント
line
最近のトラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリー
line
ブログ内検索
line
RSSフィード
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
sub_line